実は売れます!専門書の高額買取

専門書を中古買取に出してみました

専門書を中古買取に出してみました 専門書を中古買取に出してみましたが、ショップによって大きく買取り価格が異なります。
ショップによってはすでに在庫がたくさんあるので安くなってしまうということもあるようです。
専門書の場合、需要がかなり限られてしまいます。
都会のエリアでは大学がたくさんあるので、近くの大学の授業で使われている専門書は高く買取りしてもらえるといった特徴もあります。
複数のショップで査定をしてもらうのがよいですが、量が多い場合にはインターネットのショップで売るのが良いでしょう。
ダンボールに入れて送るだけで、査定をしてもらえます。
査定に納得できればそのまま売却完了となりますが、納得できなれば送り返してもらいます。
送料が自己負担となっていることもあるので、あらかじめ説明を読んでおきましょう。
専門的なショップと総合的なショップとどちらに売るのかで迷ったら、ひとまずインターネット査定を受けてみましょう。
ジャンルがぴったり合えば専門的なショップのほうが高額になるかもしれません。

買取査定で意外と高値がつく専門書の特徴は?

買取査定で意外と高値がつく専門書の特徴は? 医学書などの専門書は元値が高いため、不要になった時に高値で買取してもらうにはどうしたら良いのか、どのような本が高値で売れるのかを知っておきたいものです。
専門書を買取に出す時は、その本の分野の専門店に依頼するのがおすすめです。
色々な本を扱っている大手のお店ではなく、個人経営の古書店のほうが高く買ってくれます。
例えば東京であれば神田や神保町の古書店がおすすめです。
それぞれの古書店の特徴が書かれているデータベースがあるので、有効活用することがおすすめです。
一度人の手に渡ってしまった本は中古の扱いになります。
しかし、なるべく状態は良いに越したことはありません。
書き込みなどが無くきれいな状態のものであることが重要です。
付録としてDVDやCDがついている場合は、これらも一緒につけて出すことを忘れないようにしましょう。
発行年度も重要で、基本的には発行されてから日が浅いものも高く買取してもらえますので、不要になったらなるべく早く売るようにしましょう。

新着情報

◎2018/2/9

専門書の価値が分かる人に売ろう
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

専門書を中古買取
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

専門書の買取の特徴と傾向
の情報を更新しました。

「専門書 中古」
に関連するツイート
Twitter